後で考える

本、旅行、資格、お酒について書くと思います

ベンチャー企業に入社したのに大企業案件に配属されてしまった件

今日も単体テストを行なっていました。

付き合いの長いクライアントの案件ということもあって、テストツールなども整備されているため、僕自身はマニュアルに沿って実行するだけです (それでもうまくいかないことはある...うん)。

今はITコンサルやPMになることを見据えて、プロセスの理解に努めます。

あとは、メールで流れてくる提案資料や見積書などをみて上流工程について想像してみる程度ですね。

早く自分の裁量で仕事ができるようになりたいです。

今思えば、研究は本当に自由でした (そもそも学生でしたが)。

たとえ待遇が良くなくてもアカデミックに進む人たちの気持ちが少しわかったような、やはりわからないような。

今日は割とタスクが早く終わってしまったので、データエンジニアリングに関する本を読んでいました。

メタデータの取り扱いというのは、自由度が高くてなかなか面白そうです。

ただ、しばらくはテストが続きそうなので、いつになったら活用できるのかは、わかりませんね。

もっとスピード感や最新技術を求めてベンチャー企業に入ったのですが、今回の配属はちょっと運が悪かったかなと思う今日この頃。