世界一周中のSNS利用

大概の宿でwi-fiが飛んでいるので、日本にいる友人や家族と連絡を取ることもさほど難しくはありません。僕はノートパソコンはさすがに持って行きませんでしたが、スマホタブレットはあったので利用していました。

直接的な連絡でなくてもTwitterfacebookなどを介してコミュニケーションをとることも可能なので、うまく活用すれば寂しさを紛らわせることも可能かもしれません。

しかし、せっかく海外に一人で来ているなら、そのようなコミュニケーションで満足してしまうのは勿体無いと思います。是非とも現地の人たちとの交流などにできる限りの時間を割くべきでしょう。もともと社交的な人は言われるまでもないと思いますが、僕のように元来内向的な人は是非とも意識してほしいことです。SNSだけでなくても、宿でスマホの画面ばかり見ているのは時間の浪費ではないでしょうか。(当時の自分に言ってやりたい。)

僕の場合は、メールやLINEで直接誰かとコミュニケーションをとるようなことは基本的にしませんでしたが、TwitterFacebookは途中まで利用していました。確かに寂しさを紛らわせる効果はあるようです。「いいね!」だってある種のコミュニケーションだと思います。しかも、海外の話とか普段の投稿より食いつきがいいので。

しかし、これを継続するのは甘えだと思ってSNSの使用もやめました。それによって特に大きな変化があったわけではないですが

もし精神的に辛くなって来た場合は、家族や友人に連絡すると少し安定します。そればかりに頼るべきではないですが、いざという時は馴染みのある人とコミュニケーションをとるといいでしょう。

ちなみに日本に帰って来てからもSNSはやめてしまいました。SNS特有の煩わしさがなくなったのはいいことだと思います。

特に僕は人一倍承認欲求が強く、人に認められたいがために海外の話などを投稿していた節もあるので。最近はそのようなものに煩わされることも少なくなりました。