このブログの目的とか

統計を見たわけではありませんが、近頃、休学を視野に入れている人が増えていると思います。

 

かくいう僕もその一人で、大学三年次を休学していました。(進級要件を満たしていたらしく復学したら四年生になっていた。卒業要件は満たせなかったので結局卒業は一年遅れたわけですが。)

 

なぜ休学していたかというと、元々は世界一周するためでした。

 

元々は、ですけどね。つまり、実現はできなかったわけです。出国することはできましたが、二か月ほどで精神的に参ってしまって帰国しました。

 

その後は、また国内や海外をちらほら回ることもありましたが、基本的には実家で死んだような生活を送っていました。ニートという言葉が一番しっくりきます。それも厄介な意識高い系ニートです。

 

僕はこのブログで愚痴をこぼしたいわけでも、「休学して世界一周なんてやめたほうがいい」と主張したいわけでもありません。

 

僕はみなさんに、僕の失敗をうまく利用してほしいと考えています。

 

客観的に見て、僕は休学に失敗した人間です。ネットや書籍で多く書かれているのは成功談、「休学絶対すべき」と言った主張ばかりに偏っていると思います。僕は失敗した人間として、僕にしか書けないものがあるはずだと信じています。

 

 

このブログを読んでくださる人は、休学を考えている人がほとんどだと思います。休学することが偉いわけではないですが、悩むくらいならぜひ挑戦してほしいと言うのが僕の本音です。

 

僕は、休学して、挑戦して、よかったと思っています。でも、やっぱり後悔している部分もあります。

 

 

 

 

休学を考えている学生の背中を押すことと、その先の休学期間がより良いものになるよう手助けすることを目的として、このブログを運用していくつもりです。

 

むやみやたらに背中を押すのも無責任だと思うので、できる限り中立な発言を心がけるようにはします。休学に関するブログやネット記事を調べると成功事例で溢れかえっていますが、誰しもがうまくいくかと言ったら答えはNOでしょう。

 

夢や目標を持つのは良いことだと思いますが、失敗談ももっとあっていい思います。

 

挑戦するかどうか悩んだ時に、「挑戦する」を選択したら、その先には「成功」か「失敗」が待っています。

「成功」は嬉しいですね。

「失敗」は、どうでしょう。

受け止め方は人それぞれでしょうが、失敗は失敗として得られるものがあります。そう言うお話もこれから書いていきたいと考えています。

(「挑戦しない」を選択したら、その先には何もありません。)

 

 

僕の挑戦と失敗が、休学を考えている皆さんにとって、少しでも役に立てば幸いです。